−機密捜査官J−
機密捜査官J。それは国家の非公式な機密調査機関、通称“シャドウ”の 中にあり、選りすぐられた若い女性のみで構成される特別チーム。 しかし、一般にその存在を知る者はいない。
普段は普通の女子大生であるが、ひとたび指令が下ると 彼女たちは機密捜査官となり任務を遂行する。


File-5 リゾートの甘い罠
J5-ミクはICPOの要請で宝石密売組織を追っていた。 世界中に勢力を持つこの組織は各国の捜査対象となっていた。 ミクは、東京で起きた宝石店襲撃事件が、この組織と接点を 持っていることを突き止めた。
襲撃グループは3人組で関東に勢力を持つ暴力団の構成員だった。 すぐにでも逮捕できたが、ミクはしばらく泳がすことにした。 そして、このグループが宝石密売組織組織と取引するという情報を掴んだ。 取引場所は沖縄。ミクはすぐに沖縄に飛んだ。
3人組はプライベート・ビーチに面したとある別荘に滞在していた。 ミクは、盗聴器をセットするため、3人が昼食に外出したところを 見計らって部屋に潜入した。
もう、私が市内のビジネスホテルだってのに、 あいつらがなんでこんないいところに泊まってんのよ。
そう言いながら盗聴器を取り付けていると、 机の上のパソコンの電源が入っていて、 メールが届いていることに気付いた。 メールは宝石密売組織からの取引時間と場所の指定だった。
今夜9時・・・第6埠頭・・・
なんだ、これで任務完了じゃない。
しかし、ミクがメールの内容を本部に伝えた時だった。 3人組が突然戻って来た。 とっさにミクはメールを削除した。
これで宝石密売組織一斉逮捕をこいつらにじゃまされない。
そう思ったとき、銃口がミクの後頭部に突きつけられていた。

第1章 取引まであと8時間
第2章 取引まであと7時間
第3章 取引まであと6時間
第4章 取引まであと4時間
第5章 取引まであと3時間
第6章 取引まであと2時間
第7章 取引まであと1時間
第8章 取引まであと30分


館に戻る

当サイトの内容の無断使用は固くお断りします。

inserted by FC2 system