吊り拷問!JK探偵事務所
「JK探偵事務所」の探偵3人組、金田一純21歳、明智ひかる19歳、サラ・ホームズ20歳。そう、実はあの世界的に有名な探偵のひ孫たちなのだ。リーダー金田一純のイニシャルJKを冠した探偵事務所に所属する。しかしそれは仮の姿で、実際は独立系の諜報機関としてグローバルで活動している。
可愛くて頭脳明晰。身体は細くて小さいが身体能力は抜群。調査に関するあらゆる知識を持ち、依頼された情報は必ず入手する。内閣府情報局やCIA、MI6、IPCOからの非公式な依頼も多い。
とびきり短いスカートでおやじたちを錯乱させ、確実にターゲットに潜入する。しかし、情報を本部に伝えて脱出する途中で、なぜだか必ず捕まってしまう。そして、依頼主の名を口にするまで続く拷問。
手首を縛られて天井から吊るされる。逃げ場のないまっすぐに伸びた身体。次第に激しくなる手首の痛み。そこへ容赦のない鞭打ち。鞭の痛みで身体をのけ反らせると、さらに手首を激痛が襲う。でも、自白したら依頼主への影響だけでなく、仲間の命を危険にさらしてしまう。絶対に自白などしない。
他の2人が救出に来るまで、美少女探偵は細い身体でこの壮絶な拷問に耐えぬくことができるのか。


潜入1 化学兵器商社
依頼主:Y国諜報機関
依頼内容:中堅化学商社のAはZ国にあるプラントで化学兵器の原料になる物質を製造している。それをZ国のテロ組織に横流ししている疑いがある。Z国はY国と対立関係にある。A社の本社に潜入して真偽を確認してほしい。

午後8時。社員の娘になりすまして訪問。帰るふりをして潜入。コンピューター室に潜入しデータベースにアクセス。そして証拠発見。本部に転送。と、ここまでは簡単だった。
撤収しようとコンピューター室を出たところで、純は後ろからスタンガンで気絶させられた。


第1章 吊り拷問
第2章 絶叫
第3章 失神
第4章 限界

画像販売

館に戻る

当サイトの内容の無断使用は固くお断りします。

inserted by FC2 system